お気に入りの一着に袖を通し出かけた日は
気分がちょっと違うはず。
洋服には人を幸せにする力があると信じ、
私たちはものづくりを続けてきました。

決まった時期だけの「特別価格」では得られない幸せが
丁寧につくった一枚にはあると信じています。

欲しいと思い、手に入れたものには
圧倒的な喜びがあります。
「欲しいと思っていただける商品づくり」、
「手に入れることができる価格設定」。
この両者を満たすために国内生産にこだわりました。

優れた縫製工場と私たちが直接取引をすることで
徹底した品質管理と中間コストを省いた価格設定を実現。
ご来店いただく度に待ち望んだ一着との出会いがあるように
作り手も売り手も、大量生産では共有できない
熱い思いを抱いています。

「これを買おう」と決めた時に、値札を見ない人はいないはず。
そこに20%OFF、50%OFFと書いてあれば
「買おう」という気持ちは一層高まります。

多くのアパレルメーカーはそういった値下げを見越し、
生産コストの5倍近い値段で初回の販売をしています。
つまり、セール価格こそ生産コストに見合った価格なのです。
私たちは生産コストの約2倍(原価率50%)を目標に商品を販売しています。

お客様に安心・納得してお買い求めいただけるために。
コストに見合った一定価格を保つために。
そして、素晴らしいシャツを作り上げる工場様に
正当な代金をお支払いするために。

低価格なだけでは意味がありません。
価格というものは、品質を理解してはじめて
意識するべきものなのです。

「欲しいから買う」のと「安いから買う」のでは大きな違いがあります。

後者には「価格」という束縛だけでなく、
「期間」も限定されることが多いです。
選択肢が限定されたことで衝動にかられ、
後悔の残る買い物をしたことはありませんか?

そもそも必要がなかった。
本当に欲しいものは売り切れていたが妥協した。
思い入れがなく愛着がわかない。

そんな思いがないように
私たちのビジネスモデルは
実用性があり、バリエーション豊かで
長くご愛用いただけるための商品づくりを目指しています。

お客様の後悔を望む企業はありません。
喜んでいただきたいという思いはどこも同じです。

では、私たちはどうあるべきか。
より多くの方に洋服で幸せになっていただくには
鎌倉シャツはどうすべきか。

高品質なものを適正な価格で販売し続けること。

25年間変わらぬこの想いに尽きると思います。