―人々を魅了した60年代 アメリカのボタンダウンシャツ、鎌倉シャツの技術で復刻。

ボタンダウンの誕生は、ポロ競技中に風ではためく襟先にボタンを付けたことからだと言われています。
アメリカではカジュアルダウンしたシャツを”SPORT SHIRT”と呼ぶことから、
今回、芯地の無いボタンダウンシャツを作るに当たって「SPORT~スポート」と名付けました。

当時のディティールを追及しながらも、ボディは「マンハッタンモデル」を採用し
懐かしさと新鮮さを併せ持ったハイブリットなボタンダウンシャツ。

シャツを研究し続けた鎌倉シャツ自慢の新シリーズ、「SPORT」をどうぞお楽しみください。

芯地がないことで柔らかいロールが出来上がります。ロングポイントのボタンダウンは「SPORT」を作成するにあたって縫製の難易度が非常に高く、こだわりが強いポイント。

前立ては少し太めに、カフスの縦幅を少し短く。襟と同様、芯地なしの縫製で、より一層雰囲気を醸し出します。
※カフス周りの大きさは変わりません

マンハッタンモデルを採用。特長である前ふりの袖は、自然な腕の位置を研究し、形にしたもの。
腕の可動域をひろげるだけでなく、ジャケットの袖口の傾斜に合わせてカフスが覗くよう設計されています。

ヨークを通常よりも2㎝狭くすることで、エレガントなムードが後ろ姿からも漂います。

ものづくりの現場から

SPORTの縫製を手掛ける工場は現状1社のみ。
こだわりの商品をつくるために、選ばれた1社。
VAN Jacket時代にボタンダウンを作製していた過去もあり、
30年経った現在もしっかりとその歴史が受け継がれています。
ノウハウを活かした貴重なシャツが出来上がりました。

Made in Japanの細かいものづくりと、
アイビーテイストのラフさを融合する難しさが現場から伝わってきました。
心を動かす一着になるように、
今までのシャツとは全く違うということを念頭において縫製に取り組んでいただいています。

今までの襟のパターンを「SPORT」では一新。鎖骨のカーブを考慮した技巧的なパターンを改め、棒襟のものを使用しています。カーブのないパターンから生まれる縫製ズレこそ、それぞれのシャツがもつ味なのです。
「SPORT」一番のポイントは芯地を使用していないこと。通常であればフラシ芯が使用される襟、カフス、前立ての芯地を取り除くことで、昔ながらの柔らかい仕上がりを実現しました。芯地は縫製工場にとって縫製を導くツールであり、芯地がない状態で縫うことは物差しがない状態で線をひくようなもの。また、様々なパーツを縫い合わせていく上で、芯地に縫いつける過程が一度あると、形を整えてから製品として縫い合わせていくことが可能になります。芯地がなければ言わばぶっつけ本番。熟練した技術がないとできないのです。
更に前立て部分にはもう一つのこだわりが。通常であれば、前立てとなる部分を別ピースで縫製し、最後にボディーに縫い付けます。「SPORT」では芯地のないソフトな仕上がりを活かすために“似せ前立て”を用いています。似せ前立てとはボディーのパネルを折りこみ、前立てに見せたもの。折る位置を正しく見極め、仮縫いもなく縫うには、長年培ってきた経験が頼りになります。
完成されたシャツがもつ雰囲気は、仕上げにもかかっています。縫製が終わった製品は常温の水で洗われ、生地は更に柔らかくなります。ただ、「SPORT」はタイドアップで着ることができるビジネスシャツであるため、最終プレスは高温の170℃。きっちりとアイロンを当ています。
「ボックスプリーツのタックは5mmほど下げて、ヨークに触れないように。」
細かい縫製の指示を忠実に遂行できることが国内生産の強みです。ただし、個体差こそ今回の「SPORT」の良さ。指示書通りの商品を目指しながら一着一着の表情を大事にする。その正しいバランスを縫製する全てのスタッフが理解する必要があるため、量産の実現が困難な商品でした。

最後にものづくりの現場の声を。
「復刻版である、芯なしのボタンダウンの襟型がお客様にどのように捉えられるのか、楽しみでもあり、ちょっと不安でもありました。我々の強みはとにかく真面目。真面目にものづくりをし、いただいた指示を忠実に再現します。日本のものづくりは細部まで丁寧に仕上げることを大事にしてきたので、日本人は手先が器用です。分業でも一着一着綺麗な仕上がりになることを自負しています。